verajohn

ベラジョンカジノの税金はばれる?ばれない?計算方法や対策を解説

ベラジョンカジノ
 
Vera&Johnは
・初回~3回目入金まで最大1250ドルの入金ボーナスがもらえる
・キュラソー政府が発行しているライセンスを取得している安心安全なインターネットカジノである
・銀行振込(銀行送金)で入金や出金ができる
ことから現在日本で多くあるインターネットカジノの中でも最も人気があるオンラインカジノですが、いざVeraJohnに登録、入金して大儲けしたい!と思っても、荒稼ぎした後の税金が気になりますよね。
 
あなたはベラアンドジョンに登録、入金して大儲けしたいんだけど、

・ベラジョンカジノの税金って払う必要があるの?
・ベラジョンカジノの税金ってばれない(ばれる)?
・ベラジョンカジノの税金対策はあるの?

って思ったりしていませんか?
 
そんなあなたのために、このページではベラジョンの税金について分かりやすく説明します。
 
※目次をクリックすると該当箇所に飛びます。ページが長いので目次の興味がある部分をクリックしての閲覧をおすすめします。
 

ベラジョンカジノで稼いだら税金はかかるのか

ベラジョンカジノの
・テーブルゲーム(3hand casino Hold’emやRoulette ONTなど)
・スロット(Hot to BurnやMonster Madnessなど)
・ライブカジノ(モノポリーやカリビアンスタッドポーカーなど)
などのゲームで荒稼ぎした際の勝利金に税金はかかるのかというのはだれしも気になるところです。
 
ギャンブルにて稼いだお金というのは、オンラインの場合でも実際のランドカジノで稼いだ場合でも、法律的には「一時所得」に該当しますので、結論から言うとベラジョンカジノで稼いだ勝利金には税金がかかります。

ベラジョンカジノでは、インターネットを通して様々なゲームをプレイして勝利したり負けたりしますが、ただゲームをするだけなのではなくリアルマネーを賭けるので、勝つと賭け金に応じた配当金を得ます。
 
法律上はこれを「一時所得」で一般的な稼ぎと同じものとみなされますので、課税対象となります。
 

税金の計算方法

一時所得にベラジョンカジノ等のオンラインカジノの勝利金が該当する理由は、懸賞や福引の賞金品やパチンコ、競馬、競輪の払戻金と同じくくりとなります。
 
また、生命保険からの一時金や法人から贈与された金品、遺失物取得者や埋蔵物発見者が受ける放浪金なども、一時所得に該当します。
 
一時所得の金額は、

総収入金額-収入を得るために支出した金額(必要経費)-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額

のような計算で算出します。
(参考)
⇒一時所得の解説(国税庁)

例えば、ベラジョンカジノで100万円勝って払い戻しをして、一方で必要経費で20万円使ったとします。
 
その場合、100万円から特別控除である50万円を差し引くと50万円となり、必要経費20万円を差し引きすると、残りは30万円になります。
 
この場合30万円が確定申告をしないといけない一時所得収入となります。
 
また、ベラジョンカジノで50万円勝って払い戻しをして、一方で必要経費で20万円使ったとします。

その場合、50万円から特別控除である50万円を差し引くと0万円となり、必要経費20万円を差し引きすると、残りは-20万円になります。この場合は、確定申告は必要ではありません。
 
一時所得は所得金額の半分に相当する金額を、給与所得などの外の所得の金額と合算し、総所得金額を求めた後に、納める税金の金額を計算します。
 

オンラインカジノの税金はばれない(ばれる)のか

しかし、実際に競馬でもパチンコでも稼いだお金に対して税金は払っていない、と思う方もいると思います。実際、競馬やパチンコで稼いだお金に対して税金を支払わなくても意外とバレません。
 
しかしベラジョンカジノのようなオンラインカジノの勝利金は税金を支払わないとばれやすいですが、その理由はベラジョンカジノ等のオンラインカジノで得たお金の受け取り方が、パチンコや競馬などと違うからです。
 
パチンコや競馬は、勝利金を現金で受け取ることが多いため、銀行の記録に残ることはありません。
 
その場合、勝利金の流れを税務署が把握できないので取り締まりをすることが難しく見逃されている状態といえます。
 
なお宝くじの場合は例外であり、あらかじめ税金が天引きされた金額が当選者の手元に届く流れとなっています。
 
ベラジョンカジノのようなオンラインカジノで稼いだお金は、出金の際に最終時に銀行口座に着金するので記録として残ってしまいます。
 
そのため税務署側がベラジョンカジノ等のオンラインカジノで稼いだお金の流れを把握することができるので、納税しないとばれる可能性が高くなるのです。
 

税金対策は必要経費を計上する

必要経費の定義は収入を得るために使った費用のことですが、ベラジョンカジノなどのオンラインカジノの場合の必要経費は、賭けた際の1ベット額やインターネット代などが該当します。
 
税務署に経費を認めてもらうことは簡単なことではなく、領収書などの公的な証明書がないと、認めてもらうことは難しいでしょう。
 
そのためベラジョンカジノを利用した場合でも税金対策として、必要経費に該当しそうな費用の領収書は必ず全て取っておくようにしましょう。
 

ベラジョンカジノの税金の納税の必要性

納税の必要は法律上あることはわかりましたが、1度もオンラインカジノで儲けても納税していないという方もいます。
 
会社にお勤めのサラリーマンは企業側が税金関係を処理してくれるので、わざわざ自分の一時所得の分を自分で納税手続きをするのは面倒と思うかもしれません。
 
しかし、ベラジョンカジノのようなオンラインカジノの勝利金は、プレイヤー個人の収入扱いとなりますので、プレイヤー自身で確定申告をして納税をしないといけません。
 
これは無職の場合でも同様で、ベラジョンカジノのようなオンラインカジノでの勝利金は確定申告の際に記載して納税をしないといけません。
 

脱税すると後でばれた際に税金が増える

ベラジョンカジノ等のオンラインカジノの収益の税金を支払わない場合、脱税となり犯罪となりますので、もし有罪になった場合は罰金か懲役、または両方を課せられてしまう場合があります。
 
さらに脱税の内容により追徴課税や重加算税など、本来支払うべく金額に上乗せする内容で金額が追加となりますのでご了承ください。
 

一時所得は隠すことはできないのか

パチンコや競馬の一時所得は隠せているのだから、ベラジョンカジノ等のオンラインカジノの一時所得も隠せると思う方もいるかもしれません。
 
しかしすでにお話ししたように、ベラジョンカジノのようなオンラインカジノの一時所得は最終的には銀行口座に着金するので全ての証拠が残っているため、隠そうとしてもバレてしまいます。
 

一時所得にはベラジョンカジノの損失額は含まれない

先ほどお話ししたように、ベラジョンカジノのようなオンラインカジノの儲けから掛け金を差し引いて特別控除額を差し引きした金額が一時所得となります。
 
単純に考えると、50万円未満の儲けの場合、特別控除額から差し引きするとマイナスになるので、確定申告の必要はありません。
 
気を付けるべきポイントは、支出金額に損失金額を含まないことです。以下を例に挙げて、説明します。
 
・10月1日に50万円を賭けて200万円稼いだ
・10月20日に100万円賭けて150万円負けた
 
この場合10月1日に賭けた50万円が支出金額となります。その理由は、一時所得は所得が発生したときのみ適用となるからです。
 
10月20日は100万円賭けて150万円負けているので、所得は発生していません。そのため、10月20日の内容は支出金額に該当しません。

一時所得は所得発生の際のみに適用となります。ベラジョンカジノなどのオンラインカジノでいえば、勝った場合のみ課税となると考えるとわかりやすいでしょう。
 
 

ベラジョンカジノの勝利金の納税は国民の義務

パチンコや公営ギャンブルの利益は納税しない場合も多いですが、ベラジョンカジノなどのオンラインカジノの場合、納税をしないといけません。この差に対して不公平と思う方もいるかもしれません。
 
しかし、ベラジョンカジノなどのオンラインイカジノで利益が出た場合、やはり納税はしなければいけません。
 
納税は国民の義務であり脱税としてしまうと犯罪となってしまいますので、ベラジョンカジノで稼いだ勝利金は必ず納税をしましょう。
 

ベラジョンカジノの勝利金の税金の申告期間

税金というのはその年の1月1日から12月31日までに稼いだお金が対象となり、その翌年の2月中旬から3月中旬の間に確定申告をします。
 
例えば、2021年3月からベラジョンカジノでプレイをしはじめ、2021年12月までの勝利金で確定申告をしないといけない金額がある場合は、確定申告をしないといけません。
 

確定申告は2月下旬に済ませよう

確定申告の期間は2月中旬から3月中旬までとなっていますが、1年中いつでも確定申告を行うことは可能です。確定申告期間中に確定申告を済ませたい場合は、2月の下旬に行くことをおすすめします。
 
その理由は、確定申告期間中の場合は2月の下旬が1番税務署が混まないからです。混雑していると長く待たされてしまい、その日に確定申告ができない場合もあります。
 

ベラジョンカジノの確定申告の流れやポイント

ベラジョンカジノなどのオンラインカジノの確定申告の流れやポイントを、以下にご紹介します。
 

確定申告に必要な書類

ベラジョンカジノなどのオンラインカジノの収入分を確定申告する場合、以下のような書類が必要となります。
 
1、源泉徴収票(企業勤めの場合、年末年始頃に企業から受け取る)
2、支払調書(オンラインカジノのサイト上で公開)
3、経費の領収書(所得が300万円以下の場合は不要)
 
支払調書はベラジョンカジノなどのオンラインカジノのサイトのベット履歴を印刷、キャプチャする方法があります。
 
上記の書類を用意したらあとは確定申告を行うだけです。確定申告未経験者にとって、確定申告をすることは難しく感じるかもしれませんが、税務署に相談すれば優しく解りやすく教えてくれるので心配は一切ありません。
 

会社務めサラリーマンが注意すべきポイント

会社務めのサラリーマンの方がベラジョンカジノ等のオンラインカジノのプレイヤーの場合、気を付けないといけないポイントがあります。
 
それは確定申告書の2面にある「給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法」の欄にある「普通徴収」に必ずチェックを入れることです。
 
「普通徴収」にチェックを入れないと勤めている会社に確定申告書の内容が届いてしまいます。副業禁止の企業もあるので、その場合は問題になってしまいます。
 
副業禁止の会社勤めじゃない場合でも会社に何の一時所得なのか聞かれてしまったりなど、面倒なことになってしまいます。
 
「普通徴収」にチェックを入れておくことで住民税徴収票が自宅に届きますので、会社にオンカジで荒稼ぎしたことがばれないで済みます。
 
確定申告書の2面にある「給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法」の欄にある「普通徴収」にチェックを入れ忘れるのはサラリーマンが良くやってしまう失敗なので注意しましょう。
 

オンラインカジノの脱税摘発の現状

ベラジョンカジノ
 
先ほど述べたようにベラジョンカジノなどのオンラインカジノで儲けた分の確定申告をしなかったことは、違法となります。
 
しかしその全員が脱税犯として逮捕されているわけでは無いのが現状ではなりますが、中には摘発されて逮捕へと至ったケースもあります。
 
どのようなギャンブルの場合でもそうですが、脱税額が少ない場合は黙認される場合が多いですが、300万円や3000万円などの大きな金額を儲けた人に対しては、税務当局は脱税行為に目を光らせて調査をします。
 
どのような行動が脱税疑惑と思われるのか、一例を以下にご紹介します。
 

銀行への着金額が100万円を超える場合はばれる

ベラジョンカジノからの払戻金は直接の場合でもEウォレットなどの海外送金サービスの場合でも、最終的には前述の通り本人名義の銀行口座宛てに着金となります。
 
日本の金融機関である銀行は、一回の着金(口座への振込)の金額が100万円を超える場合、税務当局に通知をするように義務付けられています。
 
ベラジョンカジノで大勝ちした場合でもしていない場合でも、結果として100万円以上の着金を依頼した場合は、それは税務当局に把握されてしまいます。
 
すると、税署当局から「いついつの送金された〇〇万円はどういう理由でのお金でしょうか?」といった感じの、やんわりと尋ねてくるハガキが届きます。
 
このお尋ねが来たら税務当局に応えないといけません。税務当局というのは税金に関するプロフェッショナル集団ですので、それに対して税金の素人が思いつくようなゆるい言い訳では通用しません。
 
ですのでもし税署当局からお尋ねが来たら堂々とベラジョンで大儲けしたという本当の話をして、その結果納税義務がある場合はきちんと納めるべきです。
 
もちろん負けたなど問題ないのであれば納税義務はありませんが、いずれにしても脱税するよりはきちんと対応するほうが賢明ということです。
 

銀行への着金額が100万円以下の場合はばれないのか

ここで気になることといえば、100万円という大金を細かく分けて出金すれば、税務当局にはわからないのでしょうか。
 
この場合は金融機関からの通知が税務当局に届くわけがないので、直ちに問題が起きることはありません。
 
しかしそれは税務当局が気付いていないだけで、何か不審な動きがあった場合、税務当局はその権限で銀行の出入金の履歴を細かく調査することができます。
 
その結果申告していない状況が不当だと疑われる内容の場合、脱税容疑として浮上してしまいます。
 
ベラジョンカジノなどからの送金分である100万円を、小出しに何度にも分けて引き出したとしても、何かで当局が絡んできた際に小分けする行為そのものが「脱税目的」だと疑われる場合も考えられます。
 
そうなってしまうと脱税の中でも悪質だとみなされてしまい、重加算税などの重いペナルティが課せられる可能性もあります。
 
ですのでベラジョンカジノなどで本当に100万円以上儲けたのであれば、隠そうとはせず納税義務を果たした方が自分のためだということになります。
 
日本の金融機関を通すからには、100万円を超えるか超えないに関わらず、不審なお金の動きは税務当局に把握されてしまうと考えておくべきです。
 
なおベラジョンカジノなどのオンカジからの出金が税務当局にわかっても、
・きちんと納税をする
・納税義務がないことを説明できるか
の2つがができれば問題ありません。
 
ベラジョンカジノなどのオンラインカジノ自体は現在の法律では違法ではありませんが、脱税とわかっていて誤魔化そうとすると、脱税犯となってしまいます。
 
オンラインカジノの違法性については、以下のページで詳細に説明していますので参照してください。
⇒オンラインカジノは合法?違法?違法性を徹底解説
 

ベラジョンカジノの脱税がばれる行動

続いてベラジョンカジノの脱税がばれる代表的な行動について具体的に説明します。
 

インターネットのブログやSNS上でベラジョンカジノの大勝を自慢する

最近よくあるパターンといえば、SNSやインターネットのブログにてVeraJohnなどのオンラインカジノの儲けに関してつぶやくことで、脱税の疑惑をかけられてしまう場合があります。
 
現代はインターネット時代ですので、税務当局はインターネット上でも常に目を光らせています。
 
ですのでベラジョンカジノで300万円や1000万円などの大勝ちをして天にも昇るような嬉しさになった場合でも、インターネットを使った情報公開は控えることをおすすめします。
 

会社経営者は脱税を疑われやすい

税務調査は税務当局の人が会社や自宅に出向いて、根掘り葉掘り質問をしたり伝票やパソコン、レジを調べることができますが、特にその調査の中で執拗に調べるのが預金通帳です。
 
ベラジョンカジノの送金を会社の銀行口座や自営の人の場合は仕事用の銀行口座に着金することはない場合でも、もし何か不審な点を税務署の調査員が感じた場合は、徹底的に調べられます。社長の個人口座はもちろん、家族全員の個人口座までも平気で調べ上げます。
 
その際に何も見つからなくても、まだ不審に感じる場合は、隠し口座がないかの追求も始まります。こうなってしまうと、ベラジョンカジノの払戻金着金のための銀行口座を別にしていても関係ありません。
 
ただしここまでするには、税務当局は調査や関係者への聞き取りや通報などにより、あらかじめ脱税容疑を固めている場合が大半です。
 
ベラジョンカジノなどのインターネットカジノの儲けを脱税しようという行動に出る者に税務調査が入った時点で税務当局から脱税を疑われている状態というわけです。
 
税務調査員のカンは非常に鋭いですので、素人が誤魔化し切るのは至難の技でありまずできないと思うべきです。
 
そのため、ベラジョンカジノの勝ち分は知られずに切り抜けた場合でも、何か他の事柄から芋づる式に全てを丸裸にします。
 
そんな厄介なことにならないためにも、納めるべき税金は納めてベラジョンカジノを楽しむのが賢明な判断といえ、結論は脱税しなければ良いだけの話です。
 
気を付けるべき点は現金が欲しくてベラジョンカジノからの払戻金を頻繁に銀行に着金させたことで思わぬ課税対象となってしまい、勝利金は無く負けているだけにも関わらず脱税を問われるケースです。
 
とにかく自営業や無職、個人事業主の方は様々な角度から脱税を疑われやすいので、注意しましょう。
 

オンラインカジノの稼ぎの節税対策

ベラジョンなどのオンカジで勝利して納税対象となった場合、必ず確定申告をして納税しないといけませんが、せっかく自分で頑張って勝った勝利金を全て自分の物にできないのは悲しい現実でもあります。
 
ですのでベラアンドジョンなどのオンカジで勝利した場合の節税対策としては以下があります。
 

年間50万円以上勝たない

ベラジョンカジノなどのネットカジノの1年間の勝利金が50万円以内の場合、特別控除が適用となるので税金を納める必要はなく確定申告も不要になります。
 
ベラジョンカジノは100%勝てるわけではないので、勝利金を50万円以内に収めるというのも難しいやり方となります。
 
ベラジョンカジノ
 
またベラアンドジョンなどのオンラインカジノでは予期せずスロットなどで大当たりが発生する場合もあるので、50万円以内の勝利金に収めることが難しい場合もあります。
 

出金をしないで運用し続ける

ベラジョンカジノから出金をしてしまうことで稼ぎがバレてしまうので、出金をせずにゲームを継続することを考えてみましょう。
 
節税をしたい場合はMuchBetter(マッチベター),エコペイズ(ecopayz),ベガウォレット,Jeton(ジェットオン)などの電子決済サービスに一度出金して、再度電子決済サービスからカジノに入金してゲームに使用します。
 
このように出金した銀行振込(銀行送金)で日本の銀行口座に着金せずベラジョンカジノなどのオンラインカジノ上で利用し続けることにより、税金を支払わずに済むことができます。
 

ベラジョンカジノの税金のまとめ

VeraJohnなどのインターネットカジノで得た勝利金には税金がかかりますので、税理士などに相談しながら適切に納税しましょう。
 
以上でVera&Johnの税金の説明は終了です。
 

ベラジョンカジノの関連リンク

ベラアンドジョンの詳細や登録方法、始め方については、以下のページで詳細に解説していますので見てください。
⇒ベラジョンカジノの登録方法を解説【最新版】
 
インターネットカジノのベラジョンの入金方法については、以下のページで分かりやすく解説していますので見てください。
⇒ベラジョンカジノの入金方法を徹底解説
 
ネットカジノのベラジョンの出金方法の一覧については、以下のページで具体的に解説していますので参考にしてください。
⇒ベラジョンカジノの出金方法を徹底解説【最新版】
 
ベラジョンカジノのボーナスについては、以下のページで分かりやすく説明していますので見てください。
⇒ベラジョンカジノの全ボーナスを解説(使い方,出金条件,期限など)
 
Vera&Johnの評判については、以下のページで説明していますので見てください。
⇒ベラジョンカジノの良い評判,悪い評判(口コミ)を徹底解剖!
 
ベラジョンカジノのバカラのやり方(賭け方)や種類,おすすめについては、以下のページで詳しく説明していますので参照してください。
⇒ベラジョンカジノのバカラのやり方や種類,おすすめを解説
 
ベラジョンカジノのルーレットのやり方(賭け方)や種類,おすすめについては、以下のページで分かりやすく説明していますので見てください。
⇒ベラジョンカジノのルーレットのやり方や種類,おすすめを解説
 
VeraJohnのブラックジャックのやり方(賭け方)や種類,おすすめについては、以下のページで詳しく説明していますので参照してください。
⇒ベラジョンカジノのブラックジャックのやり方や種類,おすすめを解説
 
ベラジョンカジノのスロットのやり方(賭け方)や種類,おすすめについては、以下のページで分かりやすく説明していますので参考にしてください。
⇒ベラジョンカジノの勝てる人気のおすすめスロットを解説
 
Vera&Johnのポーカーのやり方(賭け方)や種類,おすすめについては、以下のページで具体的に説明していますので見てください。
⇒ベラジョンカジノのポーカーのやり方や種類,おすすめを解説
 

以上でベラジョンカジノの評判(口コミ)についての解説は終わりです。
 
何か質問や聞きたいことなどありましたらこちらのお問い合わせページから気兼ねなくご相談ください。
迅速にお返事します。
 
当サイトの情報が、あなたのベラアンドジョン利用の参考になれば嬉しいです((^┰^))

 

 

>ベラジョンカジノの登録方法や評判などの詳細はこちら<

オンラインカジノ必勝法

オンラインカジノのバカラで1000万円勝つ方法(勝ち方)については、以下のページで詳しく解説していますので見てください。
⇒オンラインカジノのバカラで1000万円勝つ方法(勝ち方)を解説

オンラインカジノのキャンペーン、プロモーション情報

以下のページではオンラインカジノのお得なキャンペーン、プロモーション情報を掲載していますので御覧ください。
⇒オンラインカジノのプロモーション一覧はこちら

目的別オンラインカジノランキング

目的別にオンラインカジノをランキング形式で紹介していますので、興味がある方はご覧ください。
※画像をクリックするとページが開きます。

オンラインカジノ

オンラインカジノ

オンラインカジノ

オンラインカジノ

オンラインカジノ

オンラインカジノ

オンラインカジノ

オンラインカジノ

オンラインカジノ

オンラインカジノ

オンラインカジノ

オンラインカジノ

オンラインカジノ

オンラインカジノ

オンラインカジノ

オンラインカジノ

オンラインカジノ

オンラインカジノ

トップに戻る

RELATED POST